ネイリストになるには

ネイリストになるには?一流ネイリストが教える人気ネイリストになる方法☆

ネイリスト

INDEX

 

1ネイリストとはどんな仕事

ネイリストとは指先を綺麗に美しく仕上げる仕事です。
主に爪の整形(ファイリング)や甘皮の手入れ(キューティクルケア)などのネイルケアを施します。ネイルケアをする事により爪の健康状態を保つ事ができます。

またネイルプレート(爪)の薄いお客様には補強をしてあげるなど爪に対する様々なコンプレックスを解消する事もできます。他にも短い爪にはイクステンション(長さ出し)や亀裂があるところにはリペアを施すなどといった多くの技術を施すいわば職人技です。ただ、それはあくまで綺麗なネイルを仕上げる為の下準備です。
この下準備がちゃんとできていないと仕上がりに大きな差が出ます。 

SNSなどでネイルの画像を探すとたくさん出てきます。その中で見ていて『なぜか分からないけど綺麗だな』って思う事はありませんか?それはどの爪に対してどうやったら綺麗に見えるかを研究し、様々な技術を駆使しているプロのネイリストだからこそできる技なのです。

このようにネイリストはお客様のご要望や更にはライフスタイルに合った最適なネイルを仕上げるには根気強さとセンスが問われるます。またネイルを通してお客様と1対1で接する為、コミュニケーション能力の磨くことでお客様から絶大な信用を得る事が出来、指名のお客様が増えることによりお給料アップも期待できます。指名のお客様が増えるとやりがいも生まれ、好きな事でお客様に必要とされる楽しさや喜びを感じることが出来るネイリストは年齢問わず注目されている職業と言えます。
メニューに戻る

2 ネイリストになる為に必要は資格は

ネイルの検定は大きく分けて、JNECネイリスト技能検定試験(ネイル検定)とJNAジェルネイル技能検定試験(ジェル検定)があります。

 ネイル検定とジェル検定は共に国家資格ではない為、取得しなくても練習次第でネイリストになる事が可能ですがネイルサロンへ就職する場合には資格取得者が優遇される上、時給にも影響されます。

また、近年ではネイルの知識があるお客様が増えてきている為、ネイルの施術をする上で資格を取得していた方がネイリストとしての信頼度が増します。更にホームサロン開業を考えている方は上記の資格以外にもネイルサロン衛生管理士を取得されている方も多く見受けられます。

ネイルサロン内の衛生面や爪の病気、道具の管理方法など細かく勉強する事により、より安心してお客様を迎え入れる事ができます。また、ネイルは危険な薬品を扱う場合もあるのでサロンワークにもとても役に立つ資格です。
また、ネイルサロン衛生管理士は受験資格も特になく試験当日に合否が分かり、ディプロマが発行されるのでとても人気の資格となっています。
メニューに戻る

3 ネイル検定合格率は?

JNECネイリスト技能検定
ネイルサロンに就職する際に日本で最も重要視されている資格です。
>JNECネイリスト技能検定試験の難易度

◇ネイリスト検定3級◇
ネイル入門レベルの資格です。合格率も約70%~80%と高めな為、プロネイリストだけでなく趣味でネイルをされている方や美容師の方も少し練習や勉強をすれば取得可能なレベルです。

 
◇ネイリスト検定2級◇
3級試験に比べるとかなり難易度が高くなります。
ネイルケアに加え、チップ&ラップ、毎回更新されるテーマに沿ったアートを1本施します。
ネイルサロンで通用する技術を試される試験と言っても過言ではありません。
合格率は約40%前後とネイル検定3級と比べると一気に低くなります。

 
◇ネイリスト検定1級◇
ネイル検定の最難関と言われる試験。
最近では触れる機会も少なくなったスカルプチュア(アクリルイクステンション)が試験の主な内容です。
サロンワークをされているプロのネイリストが受験生のほとんどを占めます。それにも関わらず合格率は約30%ととても難易度が高くステータスの高い試験となっています。

JNAジェルネイル技能検定
近年、主流となってきているジェルネイル。それに伴いジェルネイル検定は人気の資格です。

>JNAジェルネイル技能検定試験の難易度

◇ジェルネイル検定初級◇

ジェルネイル検定初級では、ケア、カラーリング、ワンカラー、ネイルアート(ピーコック柄)とジェルネイルの基本がこの試験に詰まっています。またネイル検定3級を取得されている方には第1課題が免除となり、ネイル検定取得者は優遇されます。
合格率は約70%前後と言われていますが、JNAの認定校であるネイルスクールに通っている方はジェルネイル検定初級の実技試験が免除となります。筆記試験のみで受けられるのはとても嬉しいですよね。

 ◇ジェルネイル検定中級◇

ジェルネイル検定中級内容は両手に施したジェルネイル&ポリッシュカラーリングのオフ、ジェルカラーグラデーション、ジェルフレンチ、ジェルイクステンション(長さ出し)とサロンワークで必ず必要な技術力が問われる試験です。
合格率は約60%とそこまで低くない試験なので初級試験の延長で受験される方が多いです。
また初級試験同様に、ネイル検定2級を取得されている方は第1課題が免除になります。

 *ジェルネイル検定はJNA認定校での自校開催が可能な為、普段レッスンを行っているスクールで受験が出来るためリラックスして試験に挑めます。またJNA認定校で受験をすると、オフィシャル会場で受験をするよりも早く取得可能な場合があり、試験官もスクールに在籍している講師1名と外部の認定講師が1名となっています。

◇ジェルネイル検定上級◇

ジェルネイル検定上級では中級試験の内容に含まれているイクステンションよりさらに長さがあるジェルイクステンションを施します。フォームを付けて作るジェルスカルプチュアとチップを装着して作るチップオーバーレイを行います。イクステンションをベースにフレンチ、ジェルアートを施します。合格率は約40%程度。
そのため、ジェルネイル検定上級試験はサロンワークの即戦力としても評価の高い試験になります。

メニューに戻る

4 資格取得するにはどこで学んだらいいの?

一般的には以下の2つです。

 >ネイリスト養成スクールで学ぶ 
メリット… ・ネイルに関する確かな技術が身に付く。
     ・同じ目標を持った友人ができる。
     ・疑問点や不安な点がすぐに解決できる。
     ・ネイルに関する情報が早い。
     ・JNA認定スクールの場合はジェルネイル検定の資格取得が早い。 
     ・ネイルサロンやネイルスクールなど就職先を紹介してもらえる。

 デメリット…・費用が高い

 >通信講座を利用して独学で学ぶ
メリット…・ネイルを学ぶための費用が安い
     ・自分のペースで練習ができる
     ・ネイルスクールが近くにない方でもネイルを学べる
     ・お子様がいる方も安心してネイルが学べる

 デメリット…・実際に指導してもらえるわけではないので確かなネイル技術が身に付くまで時間がかかる。

メニューに戻る

5ネイルの検定資格を取得するための練習量は?

ネイル検定の級にもよりますが2カ月前くらいからコツコツ練習するのがベストです。
普段は働いていて時間がない方でも隙間時間を利用して1日1本練習するだけでも技術は上達し安定してきます。さらに見本となる動画を見る事により綺麗な仕上がりをイメージする事ができ、よりこだわりのある作品に仕上がるようになります。

試験1カ月前頃からはモデルさんの爪でタイムトライアルをしたり苦手な分野を重点的に練習していくのが理想的です。スクールに通うのは週1程度の方がほとんどです。
念の為、通学されている方は担当の講師にペースを確認しましょう。自主練習を重ねていくうちにどうしても癖がつきやすくなりますのでスクールに定期的に通い、講師の先生に見てもらうのが良いと思います。

 通信など独学の場合は何度もDVDを見て正しい技術を頭の中にイメージ出来るようにしておくことが重要です。

メニューに戻る

6 ハンドモデルとは?

ネイルの検定試験受験の際には必ずハンドモデルが必要になります。ネイル検定に寄っては3~5mm程度爪の長さが必要になります。とても協力的なハンドモデルに巡り逢えると試験も落ち着いて挑む事ができます。

 >ハンドモデルの選び方
・15歳以上に限ります(男女不問)
・モデルの爪及び爪周りの皮膚に疾患が認められる場合はモデルになれません。
・色白で保湿がきちんとされている方
・巻き爪じゃない方
・ネイルベッド(爪のピンクの部分)の長さが揃っている方
・練習に快く付き合ってくれる方

メニューに戻る

7 ネイルスクールを選ぶコツ

ネイルを本格的に学ぶにあたって、一番効率よくしっかりした知識や技術を身につけられるのは、もちろんネイルスクールに通うことです。
全くの初心者からプロネイリストになるまでの技術を学ぶコースを選択すると、ほとんどが100万円前後の金額になります。 その為、スクール選びは絶対失敗したくないものです。
だからといって金額が安いという理由だけでネイルスクールを選んでしまうと後々後悔する事も・・・

よくある失敗談

・1回のレッスンの人数が多くて講師にちゃんと見てもらえない。
・ネイルスクールを卒業したのに就職先が見つからない。
・憧れの講師がいるから入学したのに卒業までに1度もその講師に見てもらえなかった。
・受けたいレッスンの日時が自分の都合と合わなくてなかなかレッスンを受けられない。
・思っていたレッスン内容と違っていた。

などなど、失敗と思う理由は人それぞれです。
では、どうやったらその失敗のなくせるの?

 一番お薦めなのはスクール見学・体験をすることです。
スクールの雰囲気や講師の腕はスクールに通う上でも大きなポイントになります。気になるスクールがサロン併設のスクールであれば、サロンの施術を受けてみることでスクールの雰囲気も分かってくると思います。
また、他に在籍している講師の事や卒業生は何をしているか?など進路や授業の進め方など様々な角度から質問をして確認をしておきましょう。


JNA認定校スクールというそうでないスクールは何が違うかご存知ですか?

 >認定校の特徴
◎JNA主催のセミナー割引 (ネイルサロン衛生管理士など)
◎コンペ出場割引 (地区大会、東京ネイルエキスポ大会など)
◎資格試験優遇制度 
  ↳ジェル検定、ネイルサロン衛生管理士講習会がスクール内で受験が可能になります。

ネイルスクールの中でも高度な技術や確かな知識を学べて安心して学べるスクールです。
また今後、認定講師資格の取得を考えているのであれば必ず認定校を選ばれる事をお薦め致します。

認定講師試験は全ての資格取得されている上でさらに第38期よりコンペ出場経験が必須となりました。
他にも認定校のカリキュラムを受けていないと認定講師試験を受験できませんのでJNA認定校以外のネイルスクールに通われていた場合、JNA認定講師試験を目指したいとなった場合、JNA認定校に通い直さなければなりません。

認定講師資格とは?
≫詳しくはJNA認定講師試験とは?[合格ポイント・試験手順まとめ]に書いています。
ネイリストの最も有名な資格である「JNECネイリスト技能検定」と「JNAジェルジェイル検定」の資格は「日本ネイリスト協会」が発行しています。この「日本ネイリスト協会」の講師会所属の講師として認定されるために必要なのが「JNA認定講師資格」です。 

ネイル講師になるために具体的な方法は以外と知られていない為、最初から認定講師を目指される方はほとんどいません。しかし、ネイルの資格を取得していくうちに半数以上の方が講師資格取得を視野に入れるようになります。

JNA 認定講師試験はネイリスト技能検定1級を取得したトップネイリストの中からさらに一握りしか合格することができず、非常に狭き門といえます。
現在、合格は『仮合格』『条件付き』と2種類ができたことにより合格率は上がり、約30%前後が合格する試験になりました。

>JNA認定講師資格取得のメリット

 ・JNAの活動に参加する事により、ネイリストとして活躍の場を広げることができます。
 ・試験官や指導者を経験する事により、指導力とネイルスキルの向上が目指せます。
 ・資格の取得により高い技術力を証明することが出来ます。
 (独立する際の強みになり、サロンワークだけではなくネイルスクールとしての開業も可能になります。)
     ・資格の取得によりネイルサロンでの勤務条件で優遇される可能性があります。
    (他の資格取得者に比べても給与など優遇されます)
     ・ネイリストとしてだけでなく、スクールやセミナー講師としても活躍できる可能性が広がります。

メニューに戻る

8ネイルスクールに通った場合の費用は?

取得する検定の数にもよりますが受講費用は20万~高くて100万円前後。
それに加え受験料や材料費がかかります。コースによっては最初、教材が付いてきますが買いそろえる物は必ずありますのでその辺も頭に入れておきましょう。

またネイル資格の取得期間は4カ月~2年間です。3級~1級、初級~上級取得の場合、オフィシャルでは最短1年半です。認定校のネイルスクールの場合は資格試験優遇制度がある為最短1年間で全ての資格取得が可能になります。
(スクールに寄って試験の開催日は異なります。)

ネイル検定の受験料について

JNECネイリスト技能検定試験では3級~1級
3級は6,600円
2級は8,800円
1級は11,000円

JNAジェルネイル技能検定試験初級~上級

初級は9,720円
中級は12,960円
上級は16,200円

*受験する級によって受験費用が異なります。
*検定試験を受験する場合にはJNAテクニカルシステムベーシック、テクニカルシステム~ジェルネイル~(最新版)を準備する必要があります。


メニューに戻る

9 授業料の支払い方法は?

金額もそう安くないため、次に気になるのが支払方法。
最近では分割払いが導入されているネイルスクールも多く、分割だと負担が月々の負担が少なくて済むので通いやすいです。ただ、分割手数料がかかる場合が多いので事前に確認しておきましょう。
銀行振込一括の場合は最初の負担は大きくなりますが手数料などの費用がかからない分全体的な負担は減ります。

メニューに戻る

10 受講コースの選び方は?

初心者の方で検定取得を考えられている方にはそれなりの時間を修了出来、なお資格取得に強いコースを選ばれる事をお薦め致します。

現在、全国には大小問わず様々なネイルスクールがありコース内容についても様々です。
ただ共通して言えるのはレッスンの回数や時間数の少ないコースを卒業の場合は就職の際に不利になってしまう場合があります。金額も安くはないので無理してレッスン回数が多いコースを選ばなければならないという事もありませんが、ネイルサロンで働く上でそれなりのスキルが必要とされます。
回数が少ないとその分サロンワークの施術におけるさまざまな技術を習得できる量が限られてしまうため、ネイルサロンでの研修を受けてから施術に入ることになります。
少しでもスクール代を安くしたいからといってレッスン回数が少ないかったり内容の薄いコースを選んでしまうとお給料が安くなってしまうこともありますので将来の事も見据えながらしっかりとコース選びをしていきましょう。

メニューに戻る

11ネイリストの就職先は?

ネイリストの就職先は、ネイルサロンや美容室、ブライダルサロン、美容サロン、独立(出張含む)。また講師資格を取得することでネイルスクールや美容の専門学校に就職することが可能になります。
独立に関しては就職しサロンワークの経験を経てホームサロン開業という流れが理想的で安心です。
ネイルサロンではネイルアートの技術だけでなく、お客様に対する接客、集客ノウハウ等、現場で先輩達に教わることが多岐に渡ってあります。接客の中には起こりうるクレームの対処方法も含まれています。
ネイルスクールを卒業したてでホームサロンを開業する場合は開業に関してサポートのしっかりしたスクールを選ぶことをお勧めします。

>サロン勤務の条件とは?
現在、ネイルサロンでは、「JNECネイル検定2級以上」と昨今定番化した「JNAジェルネイル技能検定 中級」保有者を採用条件としてあげているケースが非常に目立ちます。

中には、無資格でも採用してくれるサロンもありますが、資格があれば仕事や職場を選択する幅も広がります。
最初は資格がなくて良くても、いずれネイルの検定資格が必要だと感じるタイミングが来る方は多いです。

メニューに戻る

12ネイリストの収入は?

ネイリストのお給料は、正社員では、どのくらいなのでしょうか?
これからネイリストを目指す人が1番気になるところです。

ネットで求人サイトを見てみると、未経験・ネイリスト検定2級のお給料は、都内で1カ月18万円~20万円程度となっています。アルバイトだと時給1000円前後になっているところがほとんどです。
ネイリストは技術職ですのでサロン側からしても、雇い入れたネイリストが、1人前に成長し、売り上げに貢献してくれるかは未知数というのも初任給が低い理由の1つだと思います。
ただ、ネイルサロンでの活躍の度合いによって、お給料アップが見込まれますのでとてもやりがいのある仕事です。

ネイリストに最も必要とされているのは、ネイルアートの技術はもちろんのこと、衛生・安全面の知識と規定の遵守、さらにお客さんに対する接遇といったコミュニケーション能力です。この3つが揃って、はじめて1人前のネイリストとして成長したと言えます。
ちなみにベテランネイリストの給料はというと検定1級以上の有資格・経験者で30万円前後+歩合です。
一般的な平均給与額と固定給与額を比較すると、大卒の一般企業勤務者と同等、もしくはやや低めくらいですが指名や売り上げによる歩合がつくネイルサロンが多いため、好きな事を仕事にして高給を貰える可能性は多大でネイリストという職業はとてもやりがいがる仕事と言えます。

メニューに戻る

13 ホームサロン開業までに何をしたらいいの?

ネイリストとしてネイルサロンで勤務していると、『いつかは独立して自分のお店を持ちたい』と考えるのはごく普通のことです。また、最近では子育てをしながら自宅サロンを開業したいという方も多く見受けられます。
しかし、新規でネイルサロンを開業するとなると不安な事もたくさんありますよね。

 >開業するために資格は必要なの?
ネイルサロンの開業に必要な資格は一切ありません。

 年齢や学歴、ネイルの資格も特に必要なしで手軽に開業できることが、ネイルサロンを開業する一番のメリットでもあります。
また小さいお子様がいる方には時間の融通がきくことや自分のライフスタイルい合わせて仕事ができるので人気な理由の一つです。最近では出産後のママネイリストだけではなくお子様に手がかからなくなったから何か始めたいなどと新しい人生のスタートとしてネイリストを選ぶ方も増えています。20代~50代まで年齢関係なくネイルの人気は絶大です。

>ホームサロン開業後の税金について
納税の義務がありますので規定以上の稼ぎになった場合は、それ相応の税金を納める義務があります。
ネイルサロンを開業する際には、「税務署への開業届け」は申請する必要がありますので、管轄の税務署へ申請すしましょう。

自宅サロン開業資金の目安
・ネイル道具台(必要なものを買い足しする程度)  5万前後
・ネイルテーブル・椅子  3万~
・お客様カードや名刺 3万~
・パンフレット 2万~

広告費についてはホットペッパーなど利用するのも良いのですが、最近ではインスタグラム、アメブロ、Facebook、ツイッターなど無料で発信できるアプリが多いのでSNAを上手に利用してネイルサロンの宣伝することが出来たら広告費のコストもなく多くの収入を得ることが出来ます。

メニューに戻る

セルフネイルやネイル検定の情報満載!Cin-Cia Nail AcademyのLINE@☆

m&m’sネイル


簡単で可愛いセルフネイル動画やネイル検定試験情報、プロならではの面白ネイル動画などネイル情報満載!!

Cin-CiaのLINE@ではプロネイリストも必見のネイル情報をお届けしています☆

1対1でネイルのお悩みやスクールに関する質問も出来ちゃうので気軽にメッセージしてくださいね♪


 


LINE@ご登録はこちら☆