ネイル検定

ジェルネイル検定初級~実技試験手順解説~

ネイリストとして通用する技術を習得出来る、ジェルネイル検定初級の実技手順と詳細を詳しくまとめています!
ジェルネイル検定初級では、ネイルケア、カラー、ジェルカラー、アート(ピーコック)の技術を行います。

フレンチケアカラー写真

この記事はジェルネイル検定初級合格のポイント[まとめ]の続きです。

INDEX

 

7 ジェルネイル検定初級 内容手順詳細

ネイルケア キューティクルニッパー


ジェルネイル検定初級の手順や施術の方法、試験官が見るポイントを書いています。
施術の注意点やコツをしっかり理解して合格を手に入れましょう

≪事前審査10分≫

<テーブルセッティングの状態とハンドモデルの爪>

テーブルセッティングが適切か、品名やラベル表記またハンドモデルの爪の状態をチェックされます。

テーブルセッティングの状態
・用具、用材のセッティングと品名ラベルの表示について
*品名ラベルは要項に記載されている[必ず貼る品目]を確認しながら貼ります。
*ネイル専門の問屋等に検定用シールが売っていますがテプラなどで作成したものでも可能です。
*容器にあらかじめ商品の名前がついていても必ず別で品名ラベルを付けます。
*アルファベット表記は禁止です。また、ラベルは見やすい位置に貼ります。
*用具、用材のメーカー・ブランド指定は一切ありません。

・衛生面における配慮(衛生的に処理されている用具、用材を使用すること)
*衛生的に処理されている用具、用材(エメリーボード、ファイル等)を整理整頓し配置します。
*トレイやフィンガーボール、その他容器はプラスチックや金属製などの消毒ができるものを使用(木、紙、布製は使用禁止)し、また底面が網目状のトレイは使用してはいけません。
*ネイル専用ブラシはトレイなどにセットします。(テーブルに直置きはしてはいけません)

・ウェットステリライザーの状態
*コットンまたはガーゼを底に敷き消毒用エタノールなどをニッパーの刃先が浸る程度の量を入れます。刃先保護用のパットを使用する場合、その上にコットンまたはガーゼを敷きます。
*ウェットステリライザーにはニッパー類、ピンセット、メタルプッシャー、ウッドスティックを必ず入れます。
*シザ―はウェットステリライザーに入れなくても問題ありません。

・アームレストは衛生面を考慮し、必ずタオルで巻きます。

・お湯(携帯用ポット)、ケア用水入れ、フィンガーボールはテーブルに直置きでも問題ありません。

検定モデルの爪
・ポリッシュ(マニキュア)赤が塗られている状態を見られます。
・イクステンション(バーチャルを含む)、リペア(グルーオンを含む)の申請と確認をします。その際にリペアが規定の2本以内であるかどうかを確認されます。
・爪及び爪周りの皮膚の状態を見られます。
ハンドモデルの選び方はこちらの記事で書いています。


<主なネイルケアの用具・用材と使用目的>

ネイル施術に使用する道具と使用目的、方法を書いています!
初心者の方に便利な道具の説明を書いています。
ネイルケアの用具・用材と使用目的

・エメリーボード・・・ナチュラルネイルの長さと形を整えるためのやすり。
・フィンガーボール・・・キューティクルを柔らかくするためのお湯を入れておく容器。
・ネイルブラシ・・・油分や汚れを除去するためのブラシ。
・ウッドスティック・・・カラーリングの修正時に使用する木製のスティック。コットンを巻き付けキューティクル付近のカラーポリッシュの除去にも使用する。
・メタルプッシャー・・・キューティクルのプッシュアップに使用する用具。
・キューティクルニッパー・・・ルースキューティクルや、ささくれ等を除去し、キューティクル周りの角質を整える用具。
・水入れ・・・プッシュアップやガーゼクリーンの際にメタルプッシャーやガーゼを濡らすために使用する水を入れる容器。
・ガーゼ・・・ネイルプレート、キューティクルをクリーンナップするために使用する布。
・ペーパータオル・・・テーブル上を衛生的に保つために使用する、使い捨てのペーパー。
・タオル・・・テーブル上を衛生的に保つために敷くフェイスタオルの大きさのもの、フィンガーボールから出した手の拭き取りに使用するもの、また、アームレストとして使用も可。
・コットン・・・手指消毒やポリッシュオフの際に使用する。
・消毒剤・・・手指、器具、ウエットステリライザ、その他消毒全般に使用する。(油分除去としても使用可)
・液体ソープ・・・フィンガーボールの中に入れて使用する、液体石けん。
・キューティクルリムーバーまたはキューティクルクリーム・・・キューティクルリムーバーはルースキューティクルを柔軟にし、キューティクルクリームは保湿します。
ネイルケアでは共にクリーンナップに使用します。
どちらを使用しても良いですがキューティクルが固い場合はキューティクルリムーバー、乾燥している場合はキューティクルクリームを使用します。
ネイリスト検定試験本番では保湿しながらケアが出来るのでキューティクルクリームを使用することをお勧めしますが、モデルさんの手の状態に合わせどちらを使用するか選びます。

※キューティクルリムーバーを使用する場合、プッシュアップ後に再度フィンガーボールに手を浸し、ブラシダウンをする必要があります。

<初級検定で使用するその他の主な用具類と使用目的>
・ネイルニッパー(アクリルニッパー)・・・ナチュラルネイルの長さをカットするのに使用する爪切り。
・ピンセット(ツイーザー)・・・ネイル用具を挟む用具。ポリッシュを塗っている際にホコリやゴミが入った時に使用します。
・ブラシ・・・ファイルダスト等を払うブラシ。
・トレイ・・・ネイル用具・用材を置くもの。
・タオル用トレイ・・・ガーゼ、手を拭くためのタオル、ケア用ブラシを置くもの。
・アームレスト・・・モデルの腕をおくもの。タオル等を丸めての使用も可。
・ファイル立て・・・ファイルを入れておく容器。

*用具・用材はテーブルに直置きしてはいけません。

<主なカラーリング用品と使用目的>
カラーリングで使用する道具の使用方法と使用目的を書いています。

主なカラーリング用品と使用目的
・プレプライマー・・・ベースコートを塗る前に使用。ナチュラルネイルの水分や油分を除去し、カラーポリッシュの定着をよくします。*消毒液、ポリッシュリムーバーでも代用可。
・ベースコート・・・カラーポリッシュをする前に使用。ベースコートを塗る事でナチュラルネイルへの色素沈着を防ぎ、カラーポリッシュの定着を良くします。
・カラーポリッシュ・・・ベースコートを塗った後に爪に塗布する。基本2度塗りしカラーの発色をよくする。
・トップコート・・・カラーポリッシュの持ちを良くし、つやを出すためのもの。
・ポリッシュリムーバー・・・カラーポリッシュ等を除去する際に使用。
・ベースジェル・・・カラージェルを塗る前に使用する透明のジェル。ネイルプレートへの色素沈着を防ぎ、カラージェルとナチュラルネイルの密着度を高める。
・カラージェル・・・色素を含むジェルで、ベースジェルの上に塗布する。
・トップジェル・・・カラージェルの色調を保護し、艶を出す。

<使用禁止の用具、用材>
使用を禁止されている用具と用材について説明しています。

使用禁止の用具、用材

・ストーンプッシャー ・セラミックプッシャー ・ネイルマシーン ・シャ―ミー(革製)バッファ ・オイル ・グリセリン ・調理用具 ・その他規定外の用具、用材

<<忘れがちな持ち物>>
筆記用具(鉛筆、シャーペン、消しゴム)、タイマー、お湯、水、ゴミ袋、ゴミ袋を留めるテープは忘れる方が多いので気をつけましょう。

 メニューに戻る

 

7.1 ジェルネイル検定初級 実技試験第一課題手順詳細【ネイルケア35分】

ネイル検定3級赤塗り

※モデルの爪10本に赤ポリッシュが塗布されている状態から試験開始となります

◆手指消毒
コットンに消毒液を含ませ、自身の両方の手のひら、手の甲、指間、指先までしっかりと拭き取ります。(擦式清拭消毒)次に、新しいコットンに消毒液を含ませ、モデルの両手も同様に拭き取ります。
手指消毒はあらゆる感染病対策の基本です。手指に付着している病原微生物を除去し、感染力をなくすことは安全なネイルサービスに最も重要です。察式清拭消毒をマスターしましょう。

*擦式清拭消毒とは・・・消毒用エタノールなどの消毒剤をコットンまたはガーゼに十分含ませ、手指の全体面と指間、爪先にいたるまで汚れを除去しながら消毒剤を浸透させることです。手に直接噴霧(スプレー)する事は禁止されています。ただし落とした物を消毒する場合など、擦式消毒を行なえない場合は、試験会場という限られた現場での対応として噴霧(スプレー)しても構いません。

<<時短ポイント>>
手指消毒はできるだけ時短を計りたい工程です。だた適当にやってはいけません。
モデルさんに事前にどのような順番で拭いてどのように手を動かしてもらいたいかなどをきちんと伝えておきましょう。そうすることでかなりスムーズになります。
 
 <<ワンポイントアドバイス!>>

コットンを容器に入れる際は、1枚1枚交互に重ねて入れておくと、取る時に1枚ずつ取れるのでとても便利です。スムーズに動作できることで、時間にも余裕ができストレスなく試験を受けることができます。

◆ポリッシュオフ
新しいコットンにポリッシュリムーバーをたっぷり含ませ、ポリッシュをオフします。その際にエッジ(爪の先端)や、爪と爪横の皮膚とのキワに残ったポリッシュは、ウッドスティックに薄くコットンを巻きつけたものにリムーバーを含ませ、取り残しのないように綺麗にオフします。

<<やりがち?NGポイント>>

オフの際、コットンを10本の爪の上に置いて溶けるのを待つやり方(通称“湿布”と呼ばれる)は行ってはいけません。長時間ポリッシュリムーバーを爪に触れさせておくと、爪の水分と油分が奪われダメージの原因となるため禁止事項となっています。


◆右手ファイリング
エメリーボードでモデルの右手小指から親指まで順に、ラウンド(*注1)の形で爪をファイリングしていきます。親指、人差し指、中指の腹でエメリーボードの端を軽く持ちます。強く握りすぎないように注意しましょう。爪にダメージを与えるのを防ぐため一方向に動かします。往復がけは禁止されています。自身の指を支えにしてエメリーボード安定させながらファイリングします。モデルの皮膚にファイルが当たっていると摩擦で痛みを感じる場合もあるので注意しましょう。正しくファイリングすると、エメリーボードに残った削り跡が一直線になります。フリーエッジは長い場合でも5mm程度までにします。ラウンドの形も10本揃えるようにしましょう。

★ラウンドとは?
側面がストレートで、先端が円周の一部のようなカーブで角がない形をいいます。長さ、側面をストレートに整えた、角から中心に向かってカーブを作ります。さらに中心に向かて、滑らかなカーブに整えます。反対側も側面から中心に向かって、滑らかなカーブにし左右対称に整えます。

ラウンドの形がとれたら、さらに手を返して逆向きから形を最終確認し、ブラシでダストを取り除きます。爪の裏にバリが残っていた場合はモデルの手を返し、バフで取り除きます。バフを使用する場合、バフを持っている反対の手でモデルの爪を支え、軽い力で取り除きます。

◆右手フィンガーボールへ
モデル右手キューティクル周りにキューティクルクリームを塗布しなじませたら、適温に調整したフィンガーボールのお湯の中にモデル右手指先を入れます。自身の指先にキューティクルクリームが残っていたらコットン、ワイプ等で拭き取ります。

<<時短ポイント>>
フィンガーボールには試験開始直前にお湯を入れておきましょう。モデルの指を入れる頃には程よく温度が下がって、適温に近くなっています。


◆左手ファイリング
右手をフィンガーボールに入れている間に、左手のファイリングを行ないます。左手親指から順に、右手同様にラウンドの形をとり、5本ファイリングできたら手を返して形を確認し、ブラシでダストを取り除きます。

◆右手ブラシダウン、左手フィンガーボールへ
右手をフィンガーボールから出し、ケア用ブラシで余分なキューティクルクリームを指先に向かって落とし(ブラシダウン)、軽くタオルで水分をオフします。左手キューティクル周りにキューティクルクリームを塗布し、そのままフィンガーボールにいれます。

◆右手プッシュアップ
メタルプッシャーの先端をケア用水入れの中の水に軽くつけたら、キューティクル周りを軽く押し上げていきます。中央からコーナー、サイドと放射状にプッシュアップしていきます。その際、プッシャーを持つ手の人差し指はプッシャーに触らないようにすると、力が抜けてより良いでしょう。力が入ってしまうと爪の表面を凹ませてしまったり、皮膚を傷つける原因になりますので気をつけましょう。軽くトントンと当てるイメージです。爪のカーブやキューティクル周りの皮膚に合わせてプッシャーの角度も変えていきます。立てすぎたり、寝かせすぎないようにします。

◆右手キューティクルクリーン
ニッパーを持ち、親指にガーゼを巻き付けます。ガーゼがテーブル面を引きずらないように注意しましょう。親指のガーゼの先に水を軽くつけて湿らせたら、モデル右手小指から、押し上げたルースキューティクルをガーゼでくるくると取り除きます。一緒に爪の裏の汚れりゃバリも除去します。次に、爪横の角質、固くなった甘皮など不要な箇所をカットしていきます。角質を切る時以外はニッパーの刃先は閉じるように気をつけましょう。またニッパーの持っていない手で必ずニッパーを支えます。ルースキューティクルが少なくても10本全ての指に必ずニッパーを当てます。ニッパーを当てていない場合やメタルプッシャーを使用していない場合は失格対象になりますので気を付けましょう。万が一試験中に出血させてしまった場合はすぐに止血を行ないます。

◆左手ブラシダウン、プッシュアップ
左手をフィンガーボールから出し、ケア用ブラシで余分なキューティクルクリームを指先に向かって落とし(ブラシダウン)、軽くタオルで水分をオフします。右手同様、先端に水を軽くつけたプッシャーで、キューティクル周りを軽く押し上げます。

◆左手キューティクルクリーン
ニッパーを持ち、親指にガーゼを巻き付けます。左手親指から、右手同様に押し上げたルースキューティクルをガーゼでくるくると取り去り、爪横の角質、固くなった甘皮など不要な箇所をカットしていきます。

<<注意ポイント>>
キューティクルクリーン中に、万が一モデルの皮膚を傷つけてしまった場合、試験終了までに出血が止まり赤みを帯びる程度であれば減点で済みますが、出血が続いている状態だと失格対象となりますので注意が必要です。


メニューに戻る

【インターバル5分】
ここで第二課題で使用が禁止されている用具・用材(キューティクルクリーム、シャイナーなど)をすべて鞄の中にしまいます。テーブルの上に出したままにしないようにします。
第二課題開始時にテーブルにセッティングしてあった場合は失格となるため細心の注意を払いましょう。

7.2 ジェルネイル検定初級 後半実技内容
【ポリッシュカラーリング、ジェルカラーリング、ジェルアート60分】

ネイル検定カラーリング

◆手指消毒
第二課題も必ず手指消毒からスタートします。第一課題同様にコットンに消毒液を含ませ、自身の両方の手のひら、手の甲、指間、指先までしっかりと拭き取ります。(擦式清拭消毒)次に、新しいコットンに消毒液を含ませ、モデルの両手も同様に拭き取ります。

◆右手サンディング
180G のスポンジバフで、モデル右手の爪表面全体がくもる程度、軽くサンディングを行ない、ダストオフします。

◆右手油分除去
ワイプ(毛羽立たないもの。コットン以外)にクレンザーをとり、右手爪表面を拭き取り油分除去を行ないます。

◆右手ベースジェル4本
まず、モデル右手小指から人差し指のエッジ(爪先端の厚みの部分)4本にベースジェルを塗布した後、爪表面にも塗布します。爪中央から、徐々にキューティクル側へ塗っていきます。4本塗布が終わったら、横から見て先端にジェルの溜りがないか、また真上からみてジェルが均一の厚さで塗れているのか確認します。先端にジェルの溜りがある場合は、ブラシの角を使い、爪先の不要なジェルを斜めに削ぎ落として、レべリングする(ジェルが自然になめらなにぷるんとなること)のを待ちます。
均一にベースジェルが塗布できたら、ライトに入れて規定の時間数硬化します。

◆左手油分除去
左手爪表面にプレプライマーを塗布して油分除去を行ないます。

◆左手ベースコート
モデルの左手を返し、爪のエッジ(爪先端の厚みの部分)5本に薄くベースコートを塗布します。手を戻し、左手親指から小指へ順に表面にベースコートを塗布します。爪の中心、左、右の順番でやや筆圧をかけ薄く塗るようにします。ただしムラにならないよう注意します。

◆右手親指ベースジェル
親指のエッジ(爪先端の厚みの部分)に塗布してから、表面にベースジェルを塗布します。他4本同様に、爪中央からキューティクル側へと塗っていきます。塗り終わったら、横、真上からみてジェルの溜り、ムラがないか確認し、問題なければ親指1本をライトに入れて規定時間硬化します。

 

◆カラーポリッシュ1回目
モデルの左手を返し、爪の先端(エッジ)に薄くカラーポリッシュを塗布して手を戻し、表面にポリッシュを塗布します。爪の中心、左、右の順番で筆圧をかけずふわっと軽く塗布します。ムラにならないよう注意しましょう。ポリッシュを塗る際は肘をテーブルに付けて固定をすると手の震えも抑えられ綺麗に塗る事ができます。さらにモデルの指を支える方の手に、ポリッシュを持つ手の小指を置き固定するとより安定します。

<<キレイに修正するコツ!>>
ポリッシュがはみ出した場合は、乾く前にウッドスティックでその都度拭き取るようにします。皮膚と爪とのキワにはみ出したポリッシュはコットンを巻き付けていないウッドスティックにリムーバーを染み込ませて取り去りますが、爪から離れている皮膚に付着したついた時はコットンを巻き付けたウッドスティックを使用した方が素早く拭き取りができます。

 

<<ワンポイントアドバイス!>>
爪の大きなモデルさんや、どうしてもキューティクル周りのラインのガタつきが修正できないという方には、「オリエン」という空のボトルにカラーポリッシュを詰め替えて使用してみるのもオススメです。

 

◆右手カラージェル1回目
ベースジェル同様に、右手4本のエッジ、次に表面にカラージェルを塗布します。塗布し終わったら必ず横から見て、先端に余分なカラージェルが溜まっていないか確認します。余分なジェルがあった場合には、ブラシの角を使って、溜まっているジェルを斜めに削り落としましょう。問題なければ規定時間硬化します。

◆カラーポリッシュ2回目
1回目に塗ったポリッシュをえぐらないように、軽いタッチで2回目を塗布します。1回目と同様の塗り方で塗布します。ポリッシュの表面だけを触るようなイメージで塗っていきます。筆を持っている手だけでなくモデルの手を支えている方の手も爪と筆が平行になるように動かすとより綺麗に塗る事ができます。

◆右手カラージェル1回目(親指)
他の4本同様に親指も塗布して、横、真上から確認後、硬化します。

◆左手トップコート
ごく軽くふわっとトップコートを塗布します。筆圧が強いとカラーポリッシュを凹ませてしまい美しい仕上がりにならないためできる限り軽く塗ることを心掛けましょう。表面に塗布した後さっと先端にも塗布しましょう。10本塗布した状態で、トップコート表面に艶がでている事が大切です。トップコートまで塗布が終わったら、左手は完成です。乾くまで時間がかかりますので、モデルが爪表面を傷つけることの無いよう注意してもらいましょう。

◆右手カラージェル2回目
2回目はエッジの塗布は不要ですので、表面に塗布していきます。1回目同様に爪中央からキューティクル側へと塗っていきます。もし1回目で若干のムラがあるようなら2回目で修正しましょう。塗り終わったら、横、真上から見て均一に塗れていることを確認します。塗布した表面に反射する光がまっすぐ歪みなく見えれば美しく塗られている目安となります。問題なければ規定時間硬化します。

◆左手チェック
右手の硬化を待つ間に左手のチェックを行ないましょう。はみだし、皮膚へのポリッシュの付着などがないのか良く見て確認します。はみ出しなどがあった場合は、ポリッシュリムーバーを含ませたウッドスティックで綺麗にしましょう。

◆右手カラージェル2回目(親指)
親指も同様に2回目を塗布します。均一に塗れていることを確認して規定時間硬化します。

◆右手ジェルアート
規定の指にピーコックというジェルアートを行ないます。まず、爪表面にクリアジェルを薄く塗布します。(細筆でジェルを引きやすくするため)次に、ベースに塗っている赤に映える華やかなカラーを何色か、線状に塗布します。何もつけないピーコック筆(細筆で、穂先の長いもの)で、カラージェルの線を切るようにスッとひっぱります。ピーコック筆にジェルが付着するので、一度筆を拭いて綺麗にしてから、2本目の線をスッとひっぱります。これを繰り返して、華やかなアートを完成させます。

※ピーコックとは?
直訳すると「孔雀」とう意味ですが、ジェルアートの技法として硬化前のジェルを細筆でひっぱるようにして作る華やかなアートのことを言います。

バランス良くアートが作れたら、規定時間硬化します。

◆右手トップジェル
ベースジェル、カラージェル同様に右手4本のエッジ、表面に塗布します。ここでも横から確認して、先端に余計な溜りがないのか必ずチェックしてから硬化します。
次に、親指も同様にトップジェルを塗布して硬化し、最後に未硬化ジェルを専用の拭き取り溶剤、またはエタノールでふき取ります。

<<ライトへの指の入れ方>>
ジェルを硬化するライトには大きく分けてLEDとUVの2種類があります。LEDライトは光が直線にしか進まず、親指に光が当たりにくため、小指~人差し指の4本と、親指1本の2回に分けて硬化が必須です。UVライトの場合は、5本同時硬化が可能ですが、親指のジェルがサイドに流れてしまう可能性があるため、LEDライト同様に2回に分けて硬化した方が美しく仕上がるでしょう。

 

◆最終チェック
最後に全体のチェックをします。はみ出し、拭き残しなどがないか隅々まで確認します。その際に、自身の爪にもポリッシュがついていないか隅々まで確認します。ポリッシュリムーバーの蓋の閉め忘れが意外と多いので気をつけましょう。また、テーブルの上もゴミやファイルなどが散乱していないよう、綺麗に片付けましょう。

<<受験者の声!>>
試験が終了するとすぐに審査に入ります。審査の間、受験者は席を離れるよう指示されます。その際、JNAテクニカルシステムや過去問題を持参し筆記試験の勉強をしている方もいます。また、トイレがとにかく混むので、席を離れると同時にトイレへ行くことをオススメします!秋期、冬期試験の場合、待っている間が長く寒くなるので上着も一緒に持っていきましょう。また、待機中は床に座って待つことが多いため、クッションなどがあってもいいでしょう。

メニューに戻る

 

 

ホームサロン開業はCin-Cia Nail Academy

通しデモや動画レッスンなど多くのサポートで検定試験合格に導きます
Cin-Cia Nail Academyのネイルコース

 

プロショップ