ネイル検定

ネイリスト検定2級~実技試験手順・ポイント~

ファイリングの写真

プロネイリストとして通用する技術を習得出来る、ネイル検定2級の実技手順と詳細を詳しくまとめています!

ネイリスト検定2級では、ネイルケア、カラー、チップ&ラップ、アート(フラット)の技術を行います。
この記事はネイリスト検定2級絶対合格するためのポイント[まとめ]の続きです。

≫ネイル検定2級アート動画はこちら

INDEX

 

7 ネイリスト検定2級試験内容詳細

≪事前審査10分≫

<テーブルセッティング&消毒管理>
・用具、用材のセッティングと品名ラベルの表示について
*品名ラベルは要項に記載されている必ず貼る品目を見ながら貼ります。
*ネイル問屋等で検定用シールも売っていますがテプラなどで作成したものでも問題ありません。容器にあらかじめ商品の名前がついていても正式な名前で必ず付けましょう。
*アルファベット表記は禁止です。また、ラベルは見やすい位置に貼ります。
*用具、用材のメーカー・ブランド指定は一切ありません。

・衛生面における配慮(衛生的に処理されている用具、用材を使用すること)
*衛生的に処理されている用具、用材(エメリーボード、ファイル等)を整理整頓し配置します。
*トレイやフィンガーボール、その他容器はプラスチックや金属製などの消毒ができるもの(木、紙、布製は使用禁止です)。底面が網目状のトレイは使用してはいけません。
*ネイル専用ブラシはトレイなどにセットします。(テーブルに直置きはしてはいけません)

・ウェットステリライザーの状態
*コットンまたはガーゼを底に敷き消毒用エタノールなどをニッパーの刃先が浸る程度の量を入れます。刃先保護用のパットを使用する場合、その上にコットンまたはガーゼを敷きます。
*ウェットステリライザーにはニッパー類、ピンセット、メタルプッシャー、ウッドスティックを必ず入れます。
*シザ―はウェットステリライザーに入れなくても問題ありません。

・お湯(携帯用ポット)、絵具用水入れ、ケア用水入れ、フィンガーボールは直置き可能です。

・アームレストは衛生的に必ずタオルで巻きます。

メニューに戻る 

≪テーブルセッティング良い例≫

ネイル 検定 テーブルセッティング

ネイル 検定 テーブルセッティング

ネイル 検定 テーブルセッティング

ネイル 検定 テーブルセッティング

ネイル 検定 テーブルセッティング

ネイル 検定 テーブルセッティング

≪テーブルセッティング悪い例≫

ネイル検定テーブルセッティングダメな例

ネイリスト検定テーブルセッティングダメな例

ネイリスト検定テーブルセッティングダメな例

 

≪モデルのネイル≫

・指定色の塗布の状態をみます。(指定色は要項をその都度確認してください。)

・イクステンション(バーチャルを含む)、リペア(グルーのみのリペアを含む)の申請と確認をします。
その際に規定の2本以内であるかどうかをみます。

・爪及び爪周りの皮膚の状態をみます。
メニューに戻る 

 

≪実技試験第一課題ポリッシュオフ、ネイルケア手順≫
※モデルのネイル10本にカラーポリッシュが塗布されている状態から試験開始となります。
◆手指消毒

コットンに消毒液を含ませ、自身の両方の手のひら、手の甲、指間、指先までしっかりと拭き取ります。(擦式清拭消毒)次に、新しいコットンに消毒液を含ませ、モデルの両手も同様に拭き取ります。
手指消毒はあらゆる感染病対策の基本です。手指に付着している病原微生物を除去し、感染力をなくすことは安全なネイルサービスに最も重要です。察式清拭消毒をマスターしましょう。
*擦式清拭消毒とは・・・消毒用エタノールなどの消毒剤をコットンまたはガーゼに十分含ませ、手指の全体面と指間、爪先にいたるまで汚れを除去しながら消毒剤を浸透させることです。手に直接噴霧(スプレー)する事は禁止されています。ただし落とした物を消毒する場合など、擦式消毒を行なえない場合は、試験会場という限られた現場での対応として噴霧(スプレー)しても構いません。

<<ワンポイントアドバイス!>>
コットンを容器に入れる際は、1枚1枚交互に重ねて入れておくと、取る時に1枚ずつ取れるのでとても便利です。スムーズに動作できることで、時間にも余裕ができストレスなく試験を受けることができます。

◆ポリッシュオフ

新しいコットンにポリッシュリムーバーをたっぷり含ませ、ポリッシュをオフします。その際にエッジ(爪の先端)や、爪と爪横の皮膚とのキワに残ったポリッシュは、ウッドスティックに薄くコットンを巻きつけたものにリムーバーを含ませ、取り残しのないように綺麗にオフします。

<<やりがち?NGポイント>>
オフの際、コットンを10本の爪の上に置いて溶けるのを待つやり方(通称“湿布”と呼ばれる)は行ってはいけません。長時間ポリッシュリムーバーを爪に触れさせておくと、爪の水分と油分が奪われダメージの原因となるため禁止事項となっています。


◆右手ファイリング
エメリーボードでモデルの右手小指から親指まで順に、ラウンド(*注1)の形にファイリングしていきます。親指、人差し指、中指の腹でエメリーボードの端を軽く持ちます。強く握りすぎないように注意しましょう。ネイルベットにダメージを与えるのを防ぐため一方向に動かします。往復がけは禁止されています。自身の指を支えにしてエメリーボード安定させながらファイリングします。モデルの皮膚にファイルが当たっていると摩擦で痛みを感じる場合もあるので注意しましょう。正しくファイリングすると、エメリーボードに残った削り跡が一直線になります。フリーエッジは長い場合でも5mm程度までにします。ラウンドの形も10本揃えるようにしましょう。

*ラウンドとは?
側面がストレートで、先端が円周の一部のようなカーブで角がない形をいいます。長さ、側面をストレートに整えた、角から中心に向かってカーブを作ります。さらに中心に向かて、滑らかなカーブに整えます。反対側も側面から中心に向かって、滑らかなカーブにし左右対称に整えます。

ラウンドの形がとれたら、さらに手を返して逆向きから形を最終確認し、ブラシでダストを取り除きます。裏にバリが残っていた場合はモデルの手を返し、バフで取り除きます。バフを使用する場合、バフを持っている反対の手でモデルのネイルプレートを支え、軽い力で取り除きます。

 ◆フィンガーボール
モデル右手キューティクル周りにキューティクルクリームを塗布しなじませたら、適温に調整したフィンガーボールのお湯の中にモデル右手指先を入れます。自身の指先にキューティクルクリームが残っていたらコットン、ワイプ等で拭き取ります。

◆左手ファイリング
右手をフィンガーボールに入れている間に、左手のファイリングを行ないます。左手親指から順に、右手同様にラウンドの形をとり、5本ファイリングできたら手を返して形を確認し、ブラシでダストを取り除きます。

◆右手ブラシダウン
右手をフィンガーボールから出し、ケア用ブラシで余分なキューティクルクリームを指先に向かって落とし(ブラシダウン)、軽くタオルで水分をオフします。左手キューティクル周りにキューティクルクリームを塗布し、そのままフィンガーボールにいれます。

◆右手プッシュアップ
メタルプッシャーの先端をケア用水入れの中の水に軽くつけたら、キューティクル周りを軽く押し上げていきます。中央からコーナー、サイドと放射状にプッシュアップしていきます。その際、プッシャーを持つ手の人差し指はプッシャーに触らないようにすると、力が抜けてより良いでしょう。力が入ってしまうとネイルプレートの表面を凹ませてしまったり、皮膚を傷つけたりする原因になりますので気をつけましょう。ネイルプレートのカーブやキューティクル周りの皮膚に合わせてプッシャーの角度も変えていきます。立てすぎたり、寝かせすぎないようにします。

◆右手キューティクルクリーン
ニッパーを持ち、親指にガーゼを巻き付けます。ガーゼがテーブル面を引きずらないように注意しましょう。親指のガーゼの先に水を軽くつけて湿らせたら、モデル右手小指から、押し上げたルースキューティクルをガーゼでくるくると取り除きます。一緒に裏の汚れりゃバリも除去します。次に、角質や固くなったキューティクルなど不要な箇所をカットしていきます。角質を切る時以外はニッパーの刃先は閉じるように気をつけましょう。またニッパーの持っていない手で必ずニッパーを支えます。ルースキューティクルが少なくても10本全ての指に必ずニッパーを当てます。ニッパーを当てていない場合やメタルプッシャーを使用していない場合は失格対象になりますので気を付けましょう。万が一試験中に出血させてしまった場合はすぐに止血を行ないます。
※試験終了までに出血が止まり赤みを帯びる程度であれば減点で済みますが、出血が続いている状態だと失格対象となります。

◆左手ブラシダウン、プッシュアップ
左手をフィンガーボールから出し、ケア用ブラシで余分なキューティクルクリームを指先に向かって落とし(ブラシダウン)、軽くタオルで水分をオフします。右手同様、先端に水を軽くつけたプッシャーで、キューティクル周りを軽く押し上げます。

◆左手キューティクルクリーン
ニッパーを持ち、親指にガーゼを巻き付けます。左手親指から、右手同様に押し上げたルースキューティクルをガーゼでくるくると取り去り、指の角質、固くなった甘皮など不要な箇所をカットしていきます。

 

◆最終チェック
時間に余裕があれば、手を返してラウンドの形、ケアの状態を確認しましょう。確認が終わったら、テーブルの上を整理します。ポリッシュリムーバーや消毒液のの蓋の閉め忘れが意外と多いので気をつけましょう。

≪インターバル≫
インターバル中は、モデルの手に一切に触れてはいけません。後半も手指消毒から始めるので、消毒剤やコットンを手に取りやすい箇所に準備すると良いでしょう。

≪実技試験第二課題ポリッシュカラーリング、チップ&ラップ、ネイルアート手順≫

◆手指消毒
コットンに消毒液を含ませ、自身の両方の手のひら、手の甲、指間、指先までしっかりと拭き取ります。(擦式清拭消毒)次に、新しいコットンに消毒液を含ませ、モデルの両手も同様に拭き取ります。

◆サンディング
チップ&ラップのキューティクル付近のエイルプレートを180Gのウォッシャブルファイルでサンディングします。キューティクル周りの皮膚を傷つけないように、自身の指でファイルブロックしながら万遍なく傷がつくようにサンディングを行います。その後100Gのバフでキューティクル付近以外をサンディングし、最後にブラシでダストオフします。
*180G のファイルで全てをサンディングしても問題ありません。バフを使用するのは時間短縮のためです。

◆プレプライマー
余分な水分、油分を除去するためにプレプライマーをさっと塗布しネイルプレートの水分や油分を除去します。消毒用エタノールまたはポリッシュリムーバーを含ませたコットンで、ネイルプレートを拭いて、水分や油分を除去する事もできます。

◆チップ装着・チップカット
チップ&ラップのネイルプレートに事前にサイズを合わせ、薄く仕込んだチップを貼りつけます。グルーをたっぷりつけ、チップの先端を持ち指に対して真っすぐになるように貼ります。その後、グルーをが早く硬化するようにハケ状のアクティベーターを接着箇所に塗布し、グルーが固まったらチップを適度な長さにカットします。その際、短くしすぎないように注意しましょう。
カットしたら、180Gのウォッシャブルファイルでアウトラインをおおまかに整えます。チップ裏側にバリが残っているようなら、バフで軽く取り去り、ダストブラシでダストオフします。

◆シルク貼付
事前にサイズを合わせておいたシルク(ラップ材)をピンセットを使い貼りつけます。粘着力が弱くなってしまうので、素手でシルクに触らないようにします。ネイルプレートの長さの2/3程度が覆えていること、また左右のストレスポイントもしっかり覆えていることを確認して、ビニールで圧着します。シルクより少しキューティクル側からたっぷりのグルーを塗布します。特にチップとネイルプレートとの段差をしっかり埋めるようにします。皮膚にグルーが漏れている場合は、ウッドスティックで取り去ります。

◆アクティベータ噴霧
やや離れた位置からアクティベータを噴霧します。一か所に集中してかからないようにしましょう。シルク箇所に噴きかける前に、ごみ袋の中で1度試し噴きすると綺麗に噴霧できます。アクティベーターを噴きかけすぎると黄ばんでしまうので注意しましょう。

◆ベースコート(片手)
チップ&ラップしている反対の手に先にベースコートを塗布します。モデルの手を返し、5本のエッジに薄くベースコートを塗布します。手を戻し、施術者側からみて一番左の指から順に表面にベースコートを塗布します。ネイルプレートの中心、左、右の順番でやや筆圧をかけ薄く塗るようにします。ムラにならないよう注意します。

◆チップ&ラップアウトライン
シルクを貼付した箇所をウッドスティックで軽くたたき、カチカチと軽い音がしたら硬化しています。硬化を確認したら、180Gのウォッシャブルファイルでアウトラインを整えます。先端は、上から下へと削り落とすイメージで削るとシルクが剥がれず削ることができます。アウトラインを整えたら、手を裏返して裏側のバリをバフで取り去ります。ここでバリが残ったままだとボンダーが流れて皮膚に付着してしまうので、しっかり取り去りましょう。最後にブラシでダストオフします。
(削り始める際には、既に塗布した逆の手のベースコートにダストが付着しないようにモデルの手を離してもらいましょう)

◆チップラップアプリケーション1回目
横から見てどこに高さが必要か、ハイポイントの位置はどこかを確認したらボンダーをシルクより少し奥から手前全体に塗布したら、高さが必要な箇所にさらにボンダ―を足して、アクティベータ―を噴霧します。

 

◆ベースコート(チップ&ラップ以外の指)
モデルの手を返し、チップ&ラップ以外の4本のエッジに薄くベースコートを塗布します。手を戻し、施術者側からみて一番左の指から順にチップ&ラップ以外の4本ネイルプレートの表面にベースコートを塗布します。中心、左、右の順番でやや筆圧をかけ薄く塗るようにします。ムラにならないよう注意します。

◆チップラップアプリケーション2回目
キューティクル際からボンダ―を塗ります。横から見てハイポイントの位置にボンダーを追加します。ボンダーを厚く塗りすぎると、綺麗に硬化しないので薄めを心掛けます。ハイポイントが上手く作れたら、1回目同様にキューティクルからやや離れた位置からアクティベータ―を噴霧します。ハイポイントの位置は爪の先から半分~3分の1キューティクル側が理想的です。
※ハイポイントが不十分な場合、ボンダーをもう1回追加します。

◆カラーポリッシュ1回目(アート指)
手指間違いを防ぐため、まず指定色以外を使用するアート指にカラー1回目を塗布します。アート指をの先端、表面にポリッシュを塗布します。アートに使う絵具の色が映えそうな色を選びましょう。

◆カラーポリッシュ1回目(アート指以外の4本)
残りの4本の指にカラー1回目を塗布します。ベース同様に手を返し先端を塗った後、手を戻し表面にポリッシュを塗布します。
ポリッシュがはみ出した場合は、乾く前にウッドスティックでその都度拭き取るようにします。皮膚にはみ出したポリッシュはコットンを巻き付けていないウッドスティックにリムーバーを染み込ませて取り去りますが、ネイルプレートから離れている皮膚に付着したついた時はコットンを巻き付けたウッドスティックを使用した方が素早く拭き取りができます。

*指定色が「赤」「ピンク」の場合・・・ネイルプレートの中央、左、右と塗布します。
*指定色が「ナチュラルスキンカラー」「パールホワイト」の場合・・・ネイルプレートの左側からポリッシュを徐々に右に移動させながら塗る“流し塗り”がオススメです。

<<ワンポイントアドバイス!>>
ポリッシュを塗る際は肘をテーブルに付けて固定をすると、手の震えも抑えられ綺麗に塗る事ができます。さらにモデルの指を支える方の手に、ポリッシュを持つ手の小指を置き固定するとより安定します。
またネイルプレートの大きなモデルさんや、どうしてもキューティクル周りのラインがガタガタになってしまう方は、「オリエン」というメーカーの空のボトルにカラーポリッシュを詰め替えて使用すると綺麗なラインで塗れるようになる可能性があります。

◆削り
チップ&ラップの形が整い(ハイポイントがあり、凸凹がない状態)、ウッドスティックで軽く叩いてカチカチと軽い音がしたら(硬化確認)、180Gのファイルで削ります。長さを整えたら(フリーエッジの長さは5mm程度まで)、ラウンドにします。先端、アウトライン、表面の順番で削っていきましょう。全体に凹凸がなくなり整ったら220Gのバッファー、280Gバッファー、シャイナーの順番で仕上げ、ダストブラシでダストオフします。
*チップ&ラップの長さは、他の9本と違っていても問題ありません。

◆ベースコート(チップ&ラップ側の指)
チップ&ラップ側の手の残り4本のネイルプレートにベースコートを塗ります。反対の手と同様に、エッジ、表面と塗布します。


◆カラーポリッシュ2
回目(アート側の指)
1回目に塗ったポリッシュをえぐらないように、軽いタッチで2回目を塗布します。1回目と同様の塗り方で塗布します。ポリッシュの表面だけを触るようなイメージで塗っていきます。筆を持っている手だけでなくモデルの手を支えている方の手もネイルプレートと筆が平行になるように動かしてあげるとより綺麗に塗る事ができます。

◆カラーポリッシュ1回目(チップ&ラップ側の指
チップ&ラップ以外の4本の指にカラー1回目を塗布します。ベース同様に手を返し先端を塗った後、手を戻し表面にポリッシュを塗布します。
ポリッシュがはみ出した場合は、乾く前にウッドスティックでその都度拭き取るようにします。皮膚にはみ出したポリッシュはコットンを巻き付けていないウッドスティックにリムーバーを染み込ませて取り去りますが、ネイルプレートから離れている皮膚に付着したついた時はコットンを巻き付けたウッドスティックを使用した方が素早く拭き取りができます。

◆ネイルアート
≫ネイル検定2級アート動画はこちら
指定の指にテーマに沿った絵を絵の具で描きます。手指間違いは失格になりますのでご注意ください。カラーポリッシュをえぐらないように、そして赤ポリッシュが透けないくらいの濃度で描くのかポイントです。また絵具の色はベースの色に映える色を選びます。色が映えない場合にはその色に少し白を混ぜると発色がよくなります。最初から白が混ざっている色を準備しておくと便利です。アートの大きさはネイルプレート全体の3分の2程度埋まるくらいの大きさがいいでしょう。絵の具はテーブルセッティングの段階で専用のウォーターパレットに出しておくと時短にもなります。アルミの上に事前に出しておくと乾燥して使えなくなるので気をつけましょう。

◆カラーポリッシュ2回目(チップ&ラップ側の指
チップ&ラップ以外の4本の指にカラー2回目を塗布します。ベース同様に手を返し先端を塗った後、手を戻し表面にポリッシュを塗布します。1回目に塗ったポリッシュをえぐらないように、軽いタッチで2回目を塗布します。1回目と同様の塗り方で塗布します。ポリッシュの表面だけを触るようなイメージで塗っていきます。筆を持っている手だけじゃなくモデルの手を支えている方の手もネイルプレートと筆が平行になるように動かしてあげるとより綺麗に塗る事ができます。

◆トップコート
ごく軽くふわっとトップコートを塗布します。表面に塗布した後さっと先端にも塗布しましょう。ネイルアートをした指には、一番最後にトップコートを塗ります。絵の具が乾いて、アートが崩れることを防ぎます。チップ&ラップの指以外の9本塗に布した状態で、トップコート表面に艶がでている事が大事です。

◆チップ&ラップガーゼクリーン
チップ&ラップの指にダストが残らない状態にします。ケアで使用したガーゼで爪周り、爪裏を綺麗にダストを取り除きます。

 

◆最終チェック
最後に、はみ出し、拭き残しなどがないか隅々まで確認します。その際に、自身の爪にもポリッシュがついていないか隅々まで確認します。使用した道具を元の位置にもどし、テーブルを綺麗な状態にします。ポリッシュリムーバーや消毒剤の蓋の閉め忘れにも気をつけましょう。


メニューに戻る 

セルフネイルやネイル検定の情報満載!Cin-Cia Nail AcademyのLINE@☆

m&m’sネイル


簡単で可愛いセルフネイル動画やネイル検定試験情報、プロならではの面白ネイル動画などネイル情報満載!!

Cin-CiaのLINE@ではプロネイリストも必見のネイル情報をお届けしています☆

1対1でネイルのお悩みやスクールに関する質問も出来ちゃうので気軽にメッセージしてくださいね♪


 


LINE@ご登録はこちら☆

プロショップ